セクハラにあった精神的苦痛には内容証明郵便で慰謝料の請求

『セクハラ被害に泣き寝入りしないために!』

セクシャルハラスメント確実な証拠を残しておくために…内容証明郵便

セクハラ被害に

せっかく就いた仕事だから、我慢しなくちゃいけないの?
【セクシャルハラスメント】

セクハラせっかく希望の会社に入社して数ヶ月。
所属部署の課長から「今晩お食事に行きませんか?」
と執拗に誘われメールが来る。。
職場の上司だから断りにくいし…
部下の男たちも知ってるのにイヤな感じ。

派遣先のオヤジが
「○○ちゃんは、今日は生理?(笑)」
「17,8の子供じゃないんだから・・・ねぇ」
「処女じゃあるまいし~」と。

残業で残っていたら、上司にいきなり抱きつかれた。
しかも、一度じゃなくて、何回も・・・。
最初は軽く肩を触られた程度だったのに、最近はエスカレートして胸まで揉まれた。。。

とっても大好きな仕事だったけど、上司のセクハラ行為が酷すぎて辞めてしまった。
会社に相談したけど、話を聞かれただけで、何の対応もしてくれなかった。

『え?セクハラされたのに悪いのは私なの・・・・?』

違います!

悪いのはあなたじゃなくて、セクハラ行為をしている”アイツ”です。
本当は、「止めて下さい!!」って言いたかったんですよね?
怖くて言えなかっただけなんですよね?

セクハラ被害は、本当に悪質で被害者が声を上げられないことをいいことに相手方が増長し、行為がさらにエスカレートしてきます。

多くの場合、被害者が我慢できずに、退職を余儀なくされ表面化することなく、加害者がそのまま居座り次の犠牲者を生むという悪循環に陥っています。

『こんなこと、絶対に許せない!』
『どうしても許せない』というお気持ちでしたら、その上司や会社に対して

・精神的苦痛に対する慰謝料
・セクハラ行為に対する謝罪
・防止措置を講じること
を請求してやりましょう!!!

セクハラ被害の慰謝料金額は、数万円程度から場合によっては、¥1000万円以上になるケースもあります。

また、精神的損害に対する慰謝料だけではなく、お仕事を休んだ場合または、仕事を辞めなくてはならなくなった場合はその部分の損害も請求することが可能です。
(これを「逸失利益」といいます。)

さらに慰謝料以外にも、相手に直筆の謝罪文なども請求するケースも多いですよ。


「もう悩むのは終わりにしよう」(経験談)

セクハラ行為に対する謝罪

法律家が作成した内容証明を送付するのが効果的です!
あなたが安心してまた暮らせる日を取り戻すために、私達がサポートします!

メール又は電話でのご相談をされる方の多くは、話を聞いて欲しいと思いながら、何とかしたいと考えていらっしゃる方がほとんどだと思います。

セクハラ行為をされている自分が悪いのだろうか、なんて考えないで下さい。
決して悪くはありません。


「もう悩むのは終わりにしよう」(経験談)


セクハラを行った相手と戦う決意をするのに、
私は2年掛かりました。

その間、悔しさと、嫌悪感に苛まれ、戦う意思と、相手とまた関わることへの恐怖に気持ちが激しく揺らいでいました。
でも、終わりにしたい、自分をまた取り戻したいと思い、戦う決意をしました。

だから、悩んでいらっしゃる皆様のお気持ちはすごく分かります。
悔しかったり、恐怖で泣いたり・・・・。
普通に生活をしているつもりでも、突然思い出すことで涙が出ることってありますよね?

自分が内容証明を送ってすべてが終わったとき、気持ちが晴れました。
これをきっかけに「もう悩むのは終わりにしよう」と決めていたこともあって、心が軽くなりました。

痛みに耐えて生きるより、戦いながら生きる自分を見つめてはどうですか?

「わたし、こんなに頑張れる」と、自分を見直すかもしれません!

行政書士が送付した内容証明に対しても尚、嫌がらせ、つきまとい、セクハラ行為が続くようであれば、会社や警察も事件が悪質であることを疑わざるをえなくなるでしょう。

セクハラ行為の中止や謝罪だけでなく、慰謝料なども請求できます!

また、あなたが直接セクハラ行為者と交渉するよりも、行政書士という法律家の名で発送する内容証明の方がはるかにセクハラ行為者に与えるインパクトは大きいです。

もし、これ以上つきまとうなら、告訴も辞さない旨の内容証明は、
セクハラ行為者に大きな心理的ショックを与えるに違いありません。
⇒あなたが受けている被害がセクハラ行為にあたるかを事前にチェック!
セクハラ行為が『相手の意に反する性的な言動』を満たす目的であることが大前提です!

食事やデートをしつこく誘ってくる
・断ってるのにも関わらず、繰り返し誘ってきたら要注意

卑猥な内容の話をする
・エロ話や画像なども不可です

身体を触ってくる
・髪や肩だけでなく、悪質な場合は胸なども!

性経験を聞いてくる
・経験数や交際履歴、中には性癖なんかもあります。

お酒の席で隣に座ることやお酌を強要する
・浴衣やデュエット、飲酒など

これらは、セクシュアル・ハラスメントに当たる可能性があります!

【法的な分類としては】

対価型・・・お給料を上げてあげるなど代償
環境型・・・言葉の性的いやがらせ
地位利用型・・・上司だけでなく取引先の社会的地位

このセクハラに該当する行為は、『不法行為(民法709条)』にあたり、損害賠償請求をすることができるだけでなく、悪質な場合は、強制わいせつ罪(民法176条)に該当することもあります。

裁判では¥80万~200万円という判例が多いですね。

また、職場をそのままにして、対応をしなかった会社に対しても、『使用者責任(民法715条)』、『債務不履行(民法415条)』で責任を問えることもあります。
請求額は自由ですが、具体的な程度によって大きく金額が変わる判例となっております。
ちなみに、示談の場合は当事者間の合意なのであまり関係がないようです。

証拠は被害者側で集めていかなければならないので、ご参考までに裁判でも使える提出書類等をお伝えします。

一般的にセクハラ・パワハラ行為の存在を立証するため、下記のような証拠が提出されます。

・加害者からのメール・手紙や贈り物
・加害者との会話の内容を録音したテープ
・被害者自身のメモ
・証人(被害者から相談を受けた者、他の被害者、精神科医、心理カウンセラー)

以上の点から申しますと、「セクハラ行為が、何時、どこで、どのような状況で、誰から、どのような行為をされたか」の内容証明郵便を書いておくとこれらも後々証拠として認められる可能性がありますよ!

あなたがまた、素敵な笑顔を取り戻せるように。
あなたの想いを正当な権利として、しっかりと残しましょう。

今のお気持ちを込めた、『さすが、専門家!』と言っていただける心強い文面をお作りします。

セクハラ慰謝料(セクハラ中止や謝罪要求など)
権利行使文書作成
内容証明郵便
文書作成基本料金 ¥48,600円(税込み)
内容 *行政書士職印付き
(発送する名前はご自身と当事務所名となります。)

<サービス内容>
①無料相談・事前ヒヤリングシートを元に主張する法律構成の確立
 専門文献検索・照合
 裁判事例検証
 専門家への意見収集

②権利行使文書作成
 通常は内容証明郵便で作成(行政書士職印付き)
 原案ヒヤリング・修正
 権利主張後の方向性確立

③文書発送代行
 印紙代・手数料等郵送実費込み
※当事務所では電子内容証明は扱いません。
 一人一人の気持ちを乗せたオーダーメイドの文書を作成するため。

④顧問契約・電話メール90日相談し放題
納得がいかない結果の場合、
当事務所が顧問として別の法的手段を検討、アドバイスします。

※詳しくは所長にお気軽にご相談ください。