内容証明郵便

権利義務関係の証として内容証明郵便を作成

方針イメージ

街の法律家「行政書士」が国家資格者としてサポート

確実な証拠を残しておくために…内容証明郵便作成

『口約束はあてになりません!』

内容証明とは・・・
(誰が、誰に、いつ、どんな内容の手紙を出したか」を郵便局が「公的」に証明するもの)

貸したお金の返済が遅れている・・・。

催促の電話をしても居留守を使われる・・・。

クーリングオフしたいのに・・・。

こういう時こそ!はい、「内容証明郵便」が役立ちますよ。

なぜなら、

『内容証明郵便が来たっ!』とビックリして、
食事ものどを通らなくなるほど心配する相手もいるんです。

ただし、この「内容証明」の書き方には一定の決まりがあり、
相手に受け取りを拒否されれば元も子もありませんから、テクニックが必要です。

また、内容証明は相手との人間関係を崩しかねません。
よく考えてから書くようにすべきです。

何も分からず悩んでいる不安な毎日なら、、、

今のお気持ちを込めた、内容証明書の作成
『さすが、専門家!』と言っていただける心強い文面をお作りします。

 

≪行政書士へ内容証明の相談や作成依頼のポイントはこれです!≫

  • 内容証明作成の目的をはっきりさせる

    現在の状況、相手方に対してのご希望などをお伺いします。
  • 今回のトラブルをどのように解決したいのか?
    実は、あれもこれもと絞りきれないケースが多いです。
  • カウンセリング

    一方的な主張のみだと相手方から思わぬしっぺ返しがあるかも?
    事実関係を包み隠さずお話すると見えなかった何かが・・・
  • もしかしたら内容証明作成代行じゃない方が望む結果を得やすいかもしれません。
    荒立てたくない・徹底的に戦う、どちらかによっても異なりますから。
  • 不明な所は質問をし、法的な解釈としてどうなのか?
    実務上、実際の現場はどうなっているのか?
    あくまで内容証明作成依頼なので、しっかりと理解することも必要です。
  • 気持ちを尊重する(法的文書作成計画の立案)

    道徳的なことかもしれませんが、重要です。
    お互いの人間関係もあるので、どのように書くかは慎重にするべきでしょう。
  • 行政書士の内容証明は、良くも悪くも証拠となってしまいます。
    自分にとって不利な内容は記載しないのも方法です。
    逆に、相手方の心理を読み、どこまで記載するか考えてみるとか?
  • 発送後の反応や対策を考える

    内容証明は出しただけでは解決しないのが一般的です。
    ちゃんと主張を認めてもらえたのか?
    その後、契約書や示談書など必要になる場合もあります。
    思い通りの回答じゃない場合のことも考えて内容証明を依頼しましょう。

これらがスムーズにコミュニケーションできれば、

それは内容証明作成の共同制作チームともいえる行政書士なんです。

「内容証明作成」には、しっかりと法律を理解してるか、語彙(法律用語)が豊富であるか、一定の文法でその用語を操ることができるかが非常に重要です。

これらを駆使して、『あなたのお気持ち』をしっかりと表現します。

一流の専門家は、頭の中に専門知識の図書室をもっています。
この図書室をつくりあげるには、何百時間もの努力や数々の実務経験が必要なのです。


法律家の行政書士が作成した内容証明郵便で通知書を送付するのが効果的です!

あなたの想いや請求を「しっかり」「冷静に」「確実に」伝えるために。

あなたの悔しい気持ちをそのままにしないために、私達がサポートします!