トップページ

はじめまして。
行政書士の大原秀人と申します。
行政書士は「街の身近な法律家」と言われていますが、その理由は何でも気軽に相談出来ることは勿論、法廷に立つことが出来ない法律家ですので、裁判以外の解決方法を真剣に相談者と一緒に探していく専門家だからです。

裁判は身近ではないですよね?
本当は誰も裁判なんてしたくはないはず。

トラブルの原因の多くは「感情のズレ」です。
裁判をチラつかせたら、法的には勝負がつくかもしれません。
しかし感情のズレはずっと残るのではないでしょうか。

裁判に関しては、弁護士に支払う報酬も高額になっており、国や自治体も被害者救済の法整備をきっちりとはしていないため、どこに相談したら良いかもわからず路頭に迷うこともあるのではと思います。

当然、私は行政書士ですので裁判をすることは出来ませんし、当初から裁判をすることを前提とした大きな事件を扱うことも出来ません。

では、私に出来ることは何か・・・それは、

「紛争以外の解決方法を共に考え、被害者の権利をきっちり主張する法的文書を作成する」ことです。

法的文書は、誰でも作成することが出来ますが、法律構成を間違えるとトラブルを悪化させたりしますので、法律の専門家に書いてもらう方が安心です。

また、民事トラブルに関しては、法律の専門用語も多く、法的知識を最低限持っている人間が書かないと相手にもされません。
ただのクレーマーだと思われてしまうのです。

何でも文句を言えば良いというものではありませんが、被害者には、きっちりと被害を主張する権利があります。

そして、その「権利主張」をするには、法律常識的に一定のルールがあると私は考えます。

争わない解決法を共に考えましょう!

法律知識 + 社会常識 + 気持ちの代書で円満解決!

何事にもステップがあるように、いきなり訴訟ではなく、法律相談の窓口として気軽にご利用頂ければ幸いです。ご相談はお気軽に。

当職は、営業マン出身の法律家です。
難しい専門知識で煙に巻くようなことは絶対にしません。
必要があれば、全国どこでも行きます!(交通費は頂きます)

あなたの悩みは、相談頂いてからは
「あなたと私」の問題です。

あなたと共に考えます。
一人で悩まず、まずはご相談ください。

初回のメール電話相談は無料ですので気軽にご相談ください。

 

顧問弁護士事務所

商品イメージ

鎌倉法律事務所

 弁護士 山田英男
(横浜弁護士会所属)

 

提携行政書士事務所

商品イメージ

行政書士小野合同法務事務所

 

行政書士 小野知己
第05080753号
〒108-0073東京都港区三田3-2-1 弓和三田ビジデンス510号

取り扱い業務

医療トラブル
病院の医療に苦情を。医師へのクレームなど医療トラブル(ドクターハラスメント)
セクハラ相談
セクハラされたら慰謝料請求。セクシャルハラスメント被害
告訴状
告訴とは。被害にあったら告訴状を作成。
婚約破棄相談
結婚の約束(婚約)を破棄されたら慰謝料。婚約不履行も相談。
未婚認知と養育費
シングルマザー、子どもの認知と養育費を請求。妊娠中なら出産費用も。
内容証明郵便
行政書士が内容証明作成と代行。時効の援用や慰謝料請求
ペットトラブル
犬のトラブル相談。動物病院や火葬、ペットショップ売買