浮気相談と不倫(不貞行為)慰謝料請求の法的書類作成サポート

信じてた夫に裏切られて…もう、誰も信じられない。
「浮気相手の女を訴えたい!」そんな悔しさ・憎らしさでいっぱい

一日の生活イメージ

今、このサイトをご覧になっている方の中には、
パートナーであるご主人が不倫(浮気)をしていたことが発覚して、
ネットでいろいろとお調べになり、こちらをご覧になっているのかもしれません。

発覚したその時ときは、本当に
「頭の中が真っ白になる」
という状況を体験されたのではないでしょうか?

喉が乾き、手が震えて、呼吸も荒くなってしまい、
自分の心臓の音がやけに大きく聞こえる。
何も考えられない状態や激しい胃痛や吐き気に襲われる。

そして、次の瞬間には

「うちの夫に限って・・まさか。」
「仕事と嘘をついて裏切っていたのか!」
「私がこんなに大変な時期になのに何故?」

怒り、悲しみ、絶望、不安・・・
いろいろな感情が心をよぎったことかと思います。

でも、今の生活を守るために、
何事も無かったかのように平静を装おってしまった。

次第に、ご飯は食べられなくなって、体重も信じられないくらい落ちてしまった。
夜も眠れないし、子どもにまであたってしまう自分を責める日々。

忘れようと努力すればするほど、
あの時がフラッシュバックしてしまう繰り返し。

・・・この気持ちをどうにかしたい。

そんな中、ネットで調べてみると
不倫相手に対して「慰謝料」を請求することができるらしい。

でも、あの女にお金を払ってもらっても、この傷ついた気持ちは
癒されるはずがないし、行動するのも怖い。

だけど、このままは嫌だ。
いつまでもこの苦しみに留まっているのも嫌・・・。

いろんな考えがぐるぐると回り、いくら調べて考えても、
今は堂々巡りになってしまっているのかもしれません。

もちろん、傷ついた気持ちは、たとえどんなに大金を払ってもらっても
決して癒せるものではないかと思います。

人の心はそんなに簡単ではありませんから。

波風を立てないようにとあなた一人だけ我慢して、
何もせずにこのまま時間が過ぎるのを待つのも方法ですが、
「自分が傷ついた事実をなかったことにはできない。」とおもいます。

変わる「キカッケ」が欲しい。
自分の気持ちの中で「区切り」をつけたい。

ある方は、相手に慰謝料を請求することをこんな風におっしゃいました。


「慰謝料って、幸福を取り戻すための目的じゃなく手段のひとつなのですね。
 幸福への手がかりみたいなものでしょうかね。区切りをつける手がかり。」

これを言いかえるなら「儀式」でしょうか。

自分の気持ちの区切りをつけるための「儀式」
これからパートナーと向き合う準備をするための「儀式」
過去と決別して前に進むための「儀式」

不倫相手に慰謝料を請求するという方法に
どうしても罪悪感・抵抗感を感じてしまって、前に進めないのであれば、
「儀式」のためのひとつの手段として考えてみるのも方法だと思います。

当事務所は、その「儀式」のお手伝いをしています。


何も分からず悩んでいる不安な毎日なら、、、『浮気相手に慰謝料を支払ってもらいましょう!』

「私のしようとしていることっていけないことなんでしょうか?」

不倫相手に慰謝料請求をしようと考えている奥さんがよくおっしゃる言葉です。

夫の浮気が発覚して、悔しさと悲しさと絶望と虚しさがグルグルと渦巻いて、
誰にも相談できずに悩んで悩んで、やっとメール(電話)で相談してみた。

だけど、本当にこんなこと(内容証明)していいのかな・・・
もっと家庭がおかしくなっちゃうんじゃないかな・・・

自分もものすごく傷ついているのに、家族や周りのことを考えてしまうのかもしれません。

問題がデリケートすぎるため、相談の一歩が踏み出せず
それでも、やっとの想いで決心したけれど
本当にいいのかなと揺れ動く気持ちがそう言わせるのだと思います。
はっきり言います。
「いけないことじゃありません。」

黙って耐えることも、知らなかったふりをすることもできるかもしれない、
だけど、自分の気持ちにフタをせず、自分を幸せにするために戦うことを選んだ、
そんな方の味方でありたいと日々思っています。

お気持ちの整理をつける心の支えになるよう、
サポートさせていただきたいと思っています。

不倫・浮気・不貞行為

いろいろと言い分もあることでしょう・・・
まずは、確実にご自身にメリットのある方法を取られたほうが、先々宜しいかと思います。
不倫問題は感情のもつれもあり、冷静な話し合いは困難なケースでしょう。

オーダーメイドの書面を作成することが得策!

内容証明で慰謝料を請求
この書類は大きな味方(裁判になっても利用出来ます)になることでしょう。
内容証明郵便(慰謝料請求)とは?