お問い合わせ(内容証明・告訴状など書面作成)

ご依頼の前にまずは、下記の「電話相談・無料相談フォーム」にてお問い合わせ下さい。
(どういうお悩みで苦しんでいらっしゃるか、教えてください。お受けしてお役に立てるかどうか、確かめさせてください。)

正式ご依頼までは費用が発生することはございませんので、ご安心ください。

電話・FAX

TEL 0422-30-5141(初回の相談は無料です。あなたの悩みは、相談頂いてからは「あなたと私」の問題です。共に考えます。一人で悩まず、まずは気軽にご相談ください。)

無料相談フォーム(お問い合わせ/ご案内資料請求/仮申し込み)

お問い合わせ、ありがとうございます!
今すぐ、お悩みごとをご記入ください!先着順にご回答いたします。
きっとあなたのココロのつかえが解消されることでしょう。

《お約束》他と違い、強引な売り込みは一切いたしません。
また、このお問い合わせを送信したからといって何ら義務は生じませんのでご安心ください。

  • 「注意事項をご確認ください」行政書士は、書面でトラブルを解決する専門家です。「身近な法律家」「予防法務の専門家」等と言われたりします。弁護士の様に代理人として間に入って交渉をしたり、裁判をすることは出来ませんが、裁判沙汰にはせず、書面で円満解決をしたいという方には向いている専門家です。例えば、この様な方々をサポートしています。「なるべく早期に解決をしたい。気持ちを伝えたい、そして最終的には和解示談をしたい。出来れば裁判はしたくない。相手とは会わずに終わらせたい。被害を伝えるだけでなく具体的な解決を望んでいる。弁護士に断られたが、泣き寝入りはしたくない。今後の為にも、傍らで気軽に相談できる専門家が欲しい。」このように当事務所は、裁判による決着ではなく「法律常識的な知識に基づく整除的な事項」書面での和解を考えている方をサポートする行政書士事務所です。行政機関でも弁護士でもありません。あくまで行政書士事務所ですので既に弁護士が入っている「法的紛議が発生することがほぼ不可避である事件」は一切お手伝いできません。なお、民事上のトラブルは相手の住所・氏名をご自身で特定する必要がありますので必ず特定していただき、未成年者は親の承諾を得てからご相談ください。匿名の方や携帯ドメイン指定やフリーメールには届かない場合がございますので事前にご確認いただければ幸いです。

 

*は必須項目です。

ご相談内容 *(相手方の住所氏名、具体的な事件概要、どのような解決など)
お名前(漢字)*
メールアドレス(ご回答メール送信先)*
電話番号(携帯のご連絡先)*
ご希望の時期(今すぐ・少し先・未定)*
ご住所

今スグ、送信して下さい!

24時間以内に必ずお返事いたしますので、少々お待ちくださいませ。
※携帯メールやフリーメールは返信できない場合がございます。

「@o-la.jp」からメールさせていただきますので受信設定をご確認ください。

 

内容を確認の上、解決させる法的文書の作成方法をご案内いたします。(どのような方法で、時間はどれくらいかかるのか?解決プランをご提案させていただきますので、一番良い方法をお選び下さい。)

法的文書作成で一日も早く笑顔が戻るお手伝いができれば幸いです。

  • 【権利行使を怠った者は、法による助力を与えるに値しない】法律の世界ではこう言われています・・。前に進むため、ひとつの区切りになればとおもいます。
  • はじめてのことで、ご不安があるかとおもいます。ご納得の上、進めていった方が宜しいでしょう。
    最終的な解決方法も大事なので、今後のことも含め、ご相談しながら決めていただければとおもいます。
  • ※上記フォームがご使用いただけない方は
    ohara@onojimu.co.jp まで
    上記必要事項をメールでご連絡くださいませ。